eicoの足のうら

観劇日記になりつつあるブログ……いや、完全に観劇日記だ!

もしも歌舞伎が乙女ゲーになったら

もしも歌舞伎役者が乙女ゲーになったら。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
以下は個人の妄想です。
妄想なので年齢設定もめちゃくちゃです。
もちろん性格なんて創作です。
現実世界と混同しないでください。
乙女ゲームとか夢小説みたいなものが嫌いな人はyouターン!
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~










《ストーリー》
舞台は松竹学園。
ここは日夜舞台に立つ歌舞伎役者のために開かれた梨園の梨園による梨園のための学校。
中等部、高等部、大学部があり、様々な年齢の歌舞伎役者が通っている。
ひょんなことから梨園の園である松竹学園高等部に入学することになったあなた。
あなたはいったい誰と傾く(かぶく)?


《キャラクター》

坂東巳之助
高等部二年、軽音楽部
鋭い目つきと毒舌でとっつきにくい存在。
黙っていると不機嫌そうに見えるが、実は裏でトリッキーなブログを更新しているロックな先輩。
攻略ルートに入るまで笑顔の立絵がないが攻略ルートに入ると笑顔が見れるという、超ツンデレキャラ。

坂東新悟
高等部二年、オカルト部(部員一人)
ひょろっと長い。
薄暗い旧校舎で目を開けたまま寝ているのを主人公に踏まれる。

中村鶴松
高等部一年
主人公の同級生で、外部からの転入生という共通点もあり、良き相談相手。
小柄でかわいいと言われるのが少々コンプレックス。
「可愛い」と「かっこいい」の選択肢が出た場合は大抵後者を選ぶと好感度が上がる。

中村虎之介
高等部一年
トレードマークは常に首からぶら下がっているヘッドホン。
洋楽・ヒップホップを愛するパリピ系男子でチャラいが根は真面目。

中村児太郎
高等部二年
勤勉で真面目、帰宅部でバイトを掛け持ちしている苦学生。
他のキャラと比べて派手さはないのになぜか攻略が難しいというアマガミの絢辻さんじゃあるまいし…
親戚の子供のお世話をする様子にときめくプレイヤー多数。

中村七之助
大学部
女性のより美しいと評判の美貌を持っていはいるが中身は男前。まるでう○プリの林檎ちゃんのようなキャラだ…
時々兄の勘九郎と高等部に顔を出し、鶴松にいたずらを仕掛けては帰っていく。

中村勘九郎
大学部
運動神経が有り余るゴリラ。時々ふんどし姿で校内を走り回っているとかいないとか。
主人公と結ばれない場合は、昔から付き合っている可愛い女優ちゃんと純愛を実らせる。
そのルートを見たいがために泣く泣く攻略対象から外すファンも多い。

市川海老蔵
大学部
松竹学園の生徒会長。自らのブログを更新したりと広報の役割も兼ねる。
文化祭などの祭りへの意欲が半端ない。
文化祭前の掛け声は「いくぜ、野郎ども!」。

市川染五郎
大学部、ミュージカル部
登場曲は『Let it Go~ありのままで~』でミュージカル口調で喋り、時々大きい羽を背負っている。
まるでちび○る子ちゃんの花輪くんのような貴公子キャラ。
「歌舞伎について聞いてみる」の選択肢を選ぶと、延々と歌舞伎についての妄想を語るので注意が必要。

市川中車
大学部、生物部
基本エスカレーター式の松竹学園に大学から編入してきた変わり者。
虫を愛する男という意味でも変わり者。
保険医の玉三郎先生が一目置いている存在でもある。

市川猿之助
大学部、クイズ研究会
大学図書館の主と言われるほど蔵書を読み漁っている。
また科学にも明るく、宙吊りなどの力学などの研究を日夜行っている。
クイズ研究会には学力を見込まれ助っ人として参加しているだけなので正規部員ではない。
中車先輩の松竹学園編入に力を貸した一人でもある。

坂東玉三郎
松竹学園保険医
美しすぎる、そして厳しすぎる保険医。裏の顔は学園の理事の一人。
完璧に見えて実はちょっと不器用なため包帯巻など苦手。
ちなみに保健室のベッドはエア○ィーヴ。

松本金太郎
中等部一年
中等部の王子と呼ばれる御曹司。マスコミにも取り上げられるほどの美少年。
中学一年にしてお姉さま方にキャーキャー言われて本人は困惑気味。

市川團子
中等部二年
普通の子供として育ったが実は有名な歌舞伎役者の孫ということが判明し編入してくるというシンデレラストーリーの持ち主。
周りは競わせようとしてくるが、金太郎くんと仲が良い。

片岡仁左衛門
松竹学園教師
普段は眼鏡をかけて優しそうな顔をしているが眼鏡を取ると色気が増すダンディー先生。
眼鏡を外した立絵は大抵ななめ向きで流し目。






いろいろ考えてみたけどさ。

結果・・・

キャラが渋滞している!!

8月のゲイストリップを見ようの会にも行ってしまった件

8月19日。
ゲイストリップを見ようの会(昼の部)にまた行ってしまった。

~お品書き~
1、カミュさんソロ&シークレットゲスト!
2、朱雀くん&蓮さん
3、 寧々さんソロ
4、 4人絡み


1、 カミュさんソロ

相変わらず体のキレがよろしくて、和装萌えとしては一発目から「天岩戸から出てきた天照大神をご尊顔!」みたいな気分。
にやけながらチップタイムに頭を切り替えようとしたら、カミュさんがハケるのと同時に、ステージ後ろのスクリーンが降りてきた。
「スタッフのミスか?」と思っていたら、映し出されたのがまさかの

Envii Gabriella!!

もう「エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?」だよね。
でご本人登場の生パフォーマンス!!!
存じ上げてはいたけれど、もちろん初生エンガブ。
事細かく書いていくと大変なことになるので、私がエンガブとの初遭遇と同時に頭に浮かんだことを簡単に並べると……
「かっこいい、かわいい、キレッキレ、上手い、美味い、色気がすごい、ありがたい、ありがたい、ファンです、ファンになりました、ありがたい、やべぇ、イエーイ、ありがたい……」

こんな感じでした(後半の語彙力の欠如具合とテンションの上がり具合の反比例がひどい


2、朱雀くん&蓮さん

…私は勘違いしていたようだ。

朱雀くんは周りに愛されるバンビちゃんみたいな顔して実は王冠かぶったドS小悪魔。地球をブン廻して、周りを巻き込んでいく台風みたいなキャラクター。
それが1番朱雀くんが輝くシチュエーションだとばかり思っていました。

盲目でした。
自分で自分を殴りたい。

隠れドS小悪魔が1番輝くのは、俺の魅力になびかない気になるあいつが出てきた時だというのを忘れていた。
そんな存在が現れて初めて物語が動き出すのが定石。
パパにも殴られたことないのに状態の王子が、そんな彼に不意に頬を一発殴られでもしたら…( ´,_ゝ`)
絵師さーん。描いてー。(魂の叫び

……はい。(切り替え)
えー、そんな朱雀くんがさらに引き立つ存在が今回初めてお目にかかりました緊縛師の鵺神蓮さんでした。
蓮さんかっこいいし、面白いし、身体も綺麗だし、朱雀くんの扱いも最高。
そしてそんな蓮さんを落とそうとする朱雀くん……
大島薫くんも言っていましたが、なんとなく普段と顔つきが違いました。
ショーは笑いあり、生○○ありで、ありがたや。
蓮さんがいることもあり、朱雀くんの珍しい和の演目というのもありがたや。


3、 寧々さんソロ

さて、もう一方、私がお初だったのが寧々さん。
女装×筋肉ってどんなもんかなと思っていましたが、
超カワイイ(*´ω`*)

そしてカミュさんや朱雀くんが引き込むステージだとすると、寧々さんは客席と一緒に盛り上がるステージ。
知っている曲で一緒に手拍子したり、気兼ねなく声を挙げたり、楽しかったぁ。
前半女装、後半はかっこいい男装でのパフォーマンスでプロレス技も盛り込んでいらっしゃいましたよ。
おひねりタイムで目の前に来た時に身体に触らせていただきましたが、他の演者さんとはあきらかに筋肉が違う!
戦う筋肉っていうんでしょうか。
同じ綺麗でも綺麗のタイプも様々ですね。
そしてなにより話し声・話し方からしても優しそうな方だなと思いました。


4、 4人絡み

手を繋いで登場したカミュさんと朱雀くん。
コソコソと隠れるようにイチャイチャしはじめて……
私は、最初の雰囲気から「あー林間学校的な他の友達たちから隠れてイチャコラかな?」と思いました。
「これで寧々さん・蓮さん演じる先生とか同級生に見つかって……キャー!(*゚∀゚*)」っていう想像をしていましたよ。

そこにまさかのサングラス掛けた厳つい兄ちゃん風の寧々さんと蓮さん登場。




えっ?( ゚д゚)



寧々さんはチョイ悪感溢れててめちゃくちゃ似合ってるけど、蓮さんの謎のチンピラ感が半端ない。
客席爆笑。

えっ?世界観どこ!!



……ということで、謎世界観でしたがかなり面白かったです。




今日の大島薫くんは浴衣でした。
カミュさんも浴衣、朱雀くんは甚平。
物販手伝いに来てたジュンくんは、どこで買ったか透けすぎの黒タンクトップ。

ゲイストリップを見ようの会のお知らせ的には、
9月以降も常設店継続!!
9月のゲイストリップを見ようの会は18禁ナイト!!

8月は夏休みだったから学生なんかは平日でも足を運びやすかったけど、9月以降のお店は正直ちょっと心配…大丈夫なんだろうか。
18禁ナイトは平日夜なので仕事がどうなるかわかりませんが、ノリでチケットを買ってしまった。行けることを祈る。




~どうでもいいメモ~
ゲイストリップに行くと可愛い女の子とお知り合いになれるのは何故なんだろう。

八月納涼歌舞伎 2017

2017年8月11日に一部、13日に二部と三部を観劇。
11日に至っては最前列の一番端で観劇という、歌舞伎座人生史上一番舞台に近いお席だった。

《第一部》

一、刺青奇偶

中車さんと七之助さんの夫婦がとてもいい。
最初は人生投げ出そうとしていた七之助さん演じるお仲の「生きたい」「死にたくない」と言葉、気持ちが泣ける。
成田屋さんのご夫婦を思い出すような素敵な夫婦でした。
見どころは、幕が開いて絶望の淵にいるお仲の佇まい。足の表現。
中車さん演じる半太郎がご近所さんから奥さんはもう永くないと聞かされた後の表情、それをお仲には悟られまいとする演技。
泣ける。
ちなみにサイコロの刺青は三面です。

二、上 玉兎 下 団子売

玉兎の勘太郎さんは堂々とした踊りでした。
顔はお母様にそっくり。でもキリッとしてるかな。
客席にぺこりと頭を下げるのが可愛い。
個人的には後見がいてうさんで「あぁ、いてうさんもこうやって中村屋の生字引になっていくのね。末は小三山か」と嬉しくなりました。
兎がついたお餅を団子売が売るのかな?
続いての団子売では花道でお客様にご挨拶する勘九郎さんと、私、目が合いました。
ただのファンの戯言と言われてもしょうがない…でも合ったんだもの!・゚・(ノД`;)・゚・
不覚だと思ったのは一瞬銀魂の局長が頭によぎってしまったこと。
団子売の営業妨害だ!(; ̄Д ̄)


《第二部》

一、修禅寺物語

八月歌舞伎で一二を争うぐらい好きな演目。
面彫師の夜叉王の二人の娘を猿之助さんと新悟丈が演じます。
二人の性格の対比が見た目からも伝わってくるという絶妙な配役。
そこに巳之助さん演じる妹娘のお婿さんが加わると、これまた清涼感のある若夫婦。
そして何と言っても夜叉王を演じられる彌十郎さんが素晴らしい。
優しい表情、お声、包み込むような大きな身体の彌十郎さんが、最後にとてつもない彫師の執念・執着を見せるのですが、前半の大らかに見えた夜叉王とのギャップが恐ろしくなります。
人間の秘めたる狂気みたいな…
間違いなく彌十郎さんの当たり役だと思います。

二、歌舞伎座捕物帖

キター。弥次喜多再び!!
今回の弥次喜多は舞台装置の謎までわかる、自由研究が終わらない小学生の味方のようです。
前回が猿之助さんと染五郎さん、そして金太郎丈と團子丈が主役だったのに対し、今回は若手が主役の舞台でした。
MVPを選ぶなら、私は児太郎丈に一票。
可愛い姫だけじゃない歌舞伎の女形の魅力をあの若さにして体現できる児太郎丈は、間違いなく将来福助の名に恥じない襲名を迎えることになると確信しました。
玉三郎さんが雪の中に一滴落ちた紅のような姫の第一人者とするなら、お父様の福助さんは真っ白なキャンバスの上にチューブから絞り出した絵具を直に塗っていくような人間味のある女の第一人者だったと思います。
児太郎丈の演じるお父様譲りの人間臭い色気のある女にゾクゾクします。
そして児太郎さんと三津五郎さんのご子息・巳之助さんが大活躍する姿に「八月納涼歌舞伎の継承」を感じました。
ありがとう猿之助さん。


《第三部》

野田版 桜の森の満開の下

人間がギリギリ脳にインプットできる(でも深く考えさせる時間は持たせない)スピードとエネルギーで駆け抜けていく爽快感に、「あぁ野田地図だ」と酔わされる。
満開の桜の傍にたたずむ鬼たちの美しさにも酔わされる。
勘九郎さんの純粋さが耳男にぴったり。
七之助さんの美しさが夜長姫の不気味さをさらに際立たせる。
ちなみにこの作品を見ながら筋書きに目を落とし役者さんの名前をチェックするなんて所業は難易度が高すぎるので、開演前に役名と演者を頭に叩き込むか、幕間に答え合わせをするか、どちらかになるかと思います。
個人的には後者がおすすめ。
贔屓とか歌舞伎役者とか筋書きとか全てまっさらで挑んだ後に、「この役ってあの方だったのか!」と驚くのが気持ちいい。
私はあの役が巳之助丈だと気づかずに一幕を見まして度肝を抜かれました。
巳之助丈の芝居の勘の良さは羨ましい限りです。
そしてエナコというお役があるのですが私は一幕の最中ずっと「野田さん。いくら野田版とはいえ、女優さんを連れてくるのは違う気がするよ」と思っていました。
答え合わせしたら芝のぶさんでした。
…犬山イヌコさん系の女優さんかとずっと思ってた。
幕が閉じた後、多分、皆さん、「いやぁ、まいったー。まいったなー」と笑顔で頭を抱えると思います。
笑顔で。
そんな作品でした。



望まぬ形でのバトンタッチではなく、
前向きな若手へのバトンタッチ、新作への挑戦、
明るい八月納涼歌舞伎でした。





~どうでもいいメモ~
一列目という貴重な経験。
黒衣さんが定式幕を開けるときの緊張感がめちゃくちゃ伝わってきました。
プロフィール
eico

7.19生まれ
AB型

アイドル、歌舞伎、カープとか色々好き。
役者として表舞台を目指すもどんどん裏方志向が強くなり、ついには出版社に就職!
自分でもナゼコウナッタと唖然としてます。

当ブログの画像・文章の無断転載、使用は固くお断りいたします。
ギャラリー
  • 大島薫プロデュース:メンズダンスバーに行ってきた件
  • ハマる人はハマるのよね~
  • スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース
  • 四月大歌舞伎 成駒屋歌舞伎賑
  • 歌舞伎を現代語訳してみた
  • 歌舞伎を現代語訳してみた
  • 歌舞伎を現代語訳してみた
  • 坂東巳之助・坂東新悟の「歌舞伎いまじナイト」
  • 坂東巳之助・坂東新悟の「歌舞伎いまじナイト」